宮城県仙台市青葉区本町3-7-4 宮城県社会福祉会館4F
入会等の問い合わせは・・・Tel: 022-716-0716  Fax: 022-716-0717 Email: mcma@par.odn.ne.jp  担当: 菅原洋子(月~木) まで

2018年1月15日月曜日

平成29年度 介護保険施設等介護支援専門員研修会の開催



表記について下記の通り研修会を開催いたします。
この度の研修は例年ですと施設を対象としておりますが、制度改定目前という事を踏まえ、介護保険事業に関連する全ての事業と職種を対象とさせていただきます。
つきましては、ご多忙中とは存じますが、貴事業所の介護支援専門員はじめ職員の皆様の参加についてご配慮いただきますようお願い申し上げます。


 記


1.日 時  平成3023日  1330受付開始
2.場 所  仙台市医師会館(仙台市若林区舟丁64-12 仙台市急患センター)
3.対 象  介護支援専門員はじめ全ての職種(施設、居宅、職種を問いません)
4.定 員  200名程度
5.費 用  会 員 : 無 料(会員証提示)
      非会員 : 1,000
6.内 容  14001600 講演
      日本介護支援専門員協会 副会長 小原秀和氏(秋田県大仙市)
      テーマ : 制度改定にみる介護支援専門員の役割
~多職種連携とケアマネジメント~
      16101620 会場ディスカッション

7.申 込  所定の別添様式に記入の上FAXでお申し込みください。
      定員に達し次第〆切といたします。 

 以上


 申込書はこちらからダウンロードできます。

2018年1月2日火曜日

医療・介護連携研修会 開催について


医療・介護の連携強化によって入院患者が在宅療養により円滑に移行できるよう、宮城県医療ソーシャルワーカー協会、宮城県ケアマネジャー協会仙台支部との共催で下記のとおり研修会を開催します。
このたびの研修では、県内の医療ソーシャルワーカーが多数参加され、介護支援専門員とのグループワークなどが企画されております。
医療・介護同時改正を控え、行政・医療・介護・福祉が一同に会し、お互いに理解と交流を深める機会になるのではと思っております。
参加費は無料ですので、ぜひともご参加ください。

参加要綱、申込書はこちらをクリックしてください。

1. 日 時
  平成30年1月20日(土) 13時30分から15時30分まで(受付13時00分~)

2. 場 所
  仙台市立病院3階講堂
  仙台市太白区あすと長町一丁目1番1号  TEL 022-308-7111

3. 対 象
  居宅介護支援事業所のケアマネジャー、地域包括支援センターの職員

4. 内 容
(1)生活支援コーディネーターについて
  講師:仙台市健康福祉局保険高齢部地域包括ケア推進課長 下山田 健二 氏
(2)『ケアマネジャーと医療ソーシャルワーカーとの連携について』
  講師:あんず居宅介護支援センター 高山 弘雅 氏
(3)グループディスカッション

5. その他
 ・仙台市立病院の駐車場は患者優先のため、公共交通機関をご利用ください。
 ・希望多数の場合宮城県ケアマネジャー協会の会員を優先させていただきます。

6.費 用
  無 料



お申し込みは下記リンクから用紙をダウンロードしFAXでお申込み下さい。
↓↓↓↓
参加要綱、申込書はこちらをクリックしてください。

2017年10月18日水曜日

ケアマネジメント・フォーラムin仙台のお知らせ

 一般社団法人 日本ケアマネジメント学会主催
ケアマネジメント・フォーラムin仙台のお知らせです。
 詳細は下記にご確認ください。開催されるフォーラムのご案内はこちら。

日 時:2017年12月16日(土)
受 付:9:30
開 始:10:00~16:45
会 場:東北福祉大学ステーションキャンパス
参加費:2000円(事前振込み)
対象者:どなたでも参加できます。



日本ケアマネジメント学会」とは?
介護保険制度が2000年4月から施行されました。この制度では、サービス利用者個々のニーズに応じて保健・医療・福祉にわたる多様なサービスが総合的、一体的、効率的に提供されるサービス体系の確立をめざし、サービス運用方式としてケアマネジメントの仕組みが導入されました。
ケアマネジメント機能の必要性については従来から指摘されてきたところであり、もとより、高齢者ケアの領域でのみ機能するものでも、介護保険制度においてのみ活用されるものでもありません。しかし、これまで待ち望まれたケアマネジメントの仕組みが、介護保険制度において制度化され、全国的に展開され始めたことは極めて大きな意義を持つものです。
ただ、今日においてわが国のケアマネジメントは緒についたばかりであり、その実践は試行錯誤の中にあります。また、諸外国においても理論的枠組みが十分確立されているとは言えませんし、その国のサービス実施体制によりその在り方も異なります。
今後は第一線における実践を踏まえつつ、幅広い人材の英知を結集して、わが国に適したケアマネジメントを理論化、体系化することにより、より優れた実践の指針を内外に示しつづける必要があります。
このような状況から、学際的な研究の推進、国際的研究交流の推進、技術の教育、相互研鑽、社会啓発活動を通じて、質の高いケアマネジメントを実現し、もって、支援等を必要とする人々の生活の質を高め、豊かな地域社会の創造に資することを目的として2001年(平成13年)7月14日「一般社団法人日本ケアマネジメント学会」を設立しました。

今回のシンポジウムには、宮城県ケアマネジャー協会から内田理事と小湊事務局長が登壇いたします。ぜひご参加ください。